Showing 4 Result(s)
pluskokolo_onekindactaday
COLUMN, FASHION, SPECIAL, リシュトモ, リシュトモ +KOKOLO

チャリティに参加する機会を日常に

私がイギリスに来たのがちょうど20年前。初めてチャリティショップの存在を知って感動したのを覚えています。日本ではまだ馴染みのない言葉かもしれませんが、イギリスではどんな小さな町にも数か所はあるチャリティショップ。寄付で集まった洋服や小物、子どものおもちゃ、本など色々なものが販売されています。私にとってはちょっとした宝探しのようなワクワクする場所です。 お店の売上はそれぞれ支援しているチャリティー団体の運営費として寄付されます。私がお手伝いしていたチャリティーショップは ”Dog Trust”という英国最大の犬の保護団体で、捨て犬の保護や飼えなくなった犬の引き取りをして新しい飼い主を捜す活動を行っています。その他にもSave the children, Cancer Researchなど私の住む小さな町にも8個のチャリティーショップがあります。   優しさから生まれる一歩 …

dearme_fashionshow3
COLUMN, FASHION, Power of Fashion, SPECIAL, リシュトモ, リシュトモ MOE

【Power of Fashion DEAR ME編-Vol.1≪後編≫】 フィリピンの子どもたちにファッションで夢と自信を。NPO法人DEAR MEの活動とは!?

「Draw Your Dream on The Runway」をテーマに、2015年からフィリピンで子どもたちのためにファッションショーを行ってきたNPO法人DEAR ME。「貧困という過酷な環境下で暮らしている子どもたちに、夢や希望を持ってもらいたい」という熱い想いから立ち上がった団体の活動を「Power of Fashion」の連載企画にてお伝えしています。Vol.1後編では、その活動を通じて私たちが感じてきたこと、そして子どもたちの成長から得たこれからの想いを綴ります。 【フィリピンの子どもたちにファッションで夢と自信を。NPO法人DEAR …

dear-me-fashionshow3
COLUMN, Power of Fashion, SPECIAL, リシュトモ, リシュトモ MOE

【Power of Fashion - Vol.1 NPO法人DEAR ME編】 フィリピンの子どもたちにファッションで夢と自信を。≪前編≫

「ファッションのチカラを人・社会・環境のチカラに」をテーマとした【Power of Fashion】の新連載をスタートします! この連載では、ファッションのチカラで社会・環境課題を解決したり、人をエンパワーしたりするエピソードを発信。Vol.1はリシュトモで、NPO法人DEAR MEを運営されているMOEさんが、フィリピンの貧困問題の現状や現地の子どもたちをファッションでエンパワーするエピソードをお届けします。   ランウェイの上で夢を描く、フィリピンの子どもたちのファッションショー   2020年2月8日、フィリピンの首都マニラ市内のショッピングモールで、アップテンポの音楽が鳴り響き、スポットライトに照らされたランウェイをきらめく笑顔で歩く子どもたちの姿が、観客を魅了していました。モデルとしてランウェイを歩いた子どもは35名。少し照れながらも満面の笑みで歩く子や、自信満々に自分を表現する子などそれぞれにショーを楽しみながら、どの子もまっすぐ前を向いてランウェイの上を一歩ずつ堂々と歩きます。そんな彼らには自信が満ち溢れていました。 このファッションショーを開催したのが、私が所属するNPO法人DEAR …

What is the most sustainable clothing
COLUMN, RICHEMO Asuka Cali, SPECIAL

オシャレは『持っているものを大切にすること』から始まる

いつも新しい服を着ることがオシャレな時代から、ファッションは次の時代へ   物心がついたころから「毎日違う服を着ることがオシャレ」「常に新しい物を身につけることがオシャレ」という価値観が、語られないけれど、感覚として存在していたのではないでしょうか。中には、「同じ物を着ていると思われたら恥ずかしいから、新しい服をたくさん持っていた」というお話もよく聞きます。サステナビリティやミニマリズムが注目されるようになり、「たくさん持っているほどオシャレ」な時代から、「自分好みで何年後も着たいと思う服を、ほどよく持つのがオシャレ」という時代に変わりつつあるのが、この令和の時代です。 芯のあるセンスの良い方は、質の良い素敵なアイテムをさりげなく着回していらっしゃいますよね。     オシャレは、持っている物を大切にすることから 「最もサステイナブルな服は、 すでに私たちのクローゼットの中に」 ー …